黒ニキビ対策におすすめのニキビケア化粧品!どれがいいのか?

この記事では、黒ニキビ対策に、どのようなニキビケア化粧品を選んだらいいのか、詳しく解説していきます。

黒ニキビの図

黒ニキビは、毛穴の入り口が開いているものの、毛穴に皮脂や汚れが詰まっている状態です。

毛穴に皮脂がたまってきてしまうと、そこにアクネ菌が増殖してきます。

アクネ菌が増殖してくると、黒ニキビの状態から、腫れた赤いニキビになってしまいます。

赤くて痛いニキビを発生させないためにも、黒ニキビがあったら、それ以上悪化させないうちにケアして治すべきです
 

黒ニキビは、毛穴が開いているなら、詰まっているものは取り出しやすい?

mendou

黒ニキビは、毛穴が開いていて、黒く詰まっているのが見えていますよね。

ですから、詰まっている皮脂を取り出しやすいようにも見えます。

実際のところはどうなんでしょう?
 

確かに、白ニキビよりは取り出しやすいですが・・・

それでも簡単に詰まりを取り出せるとは限りません。
 

「毛穴が少しだけ開いてる」みたいな状態の黒ニキビもあれば、毛穴の奥まで皮脂が詰まっている場合もあるからです。

泡で絡めとって黒ニキビの詰まりを取り除くのがおすすめ

黒ニキビには、すごく小さい微小なものもありますから、それを手作業で1つ1つ取り除いていくのも無理があります。

ですのでやはり、洗顔料で取り除くのが現実的な方法です。

ただ、「どんな洗顔料でもいいのか?」

と言われれば、もちろんそんなことはありません。

顔の毛穴は、顔全体で20万個程度もあって、1つ1つの毛穴はとても小さいです。

小さな毛穴の中の汚れを、洗顔料の泡で絡めとってもらわなければ、意味がありません。

絡めとってくれなければ、洗ったところで、

単に泡が毛穴の上を通過しただけ!

みたいなことになってしまいます(汗)

kuronikibi_awagatuuka

これじゃ意味がありませんよね(笑)
 

黒ニキビ対策には、毛穴の詰まりを絡めとる「ルナメアAC」がおすすめ

黒ニキビ対策には、富士フイルムのルナメアACがおすすめです。

runamea_ac
ルナメアACの公式サイトはこちら

 毛穴の詰まりをからめ取るファイバースクラブ

まず注目したいのが、ルナメアACの洗顔料に含まれているファイバースクラブ。

このファイバースクラブは、0~50μm(マイクロメートル)と非常に細く、毛穴よりも細いです。

毛穴よりも細いので、毛穴にもぐりこんで毛穴の詰まりをからめ取ってくれます。

毛穴の詰まりを取り除くことができれば、ニキビが悪化したり、新しいニキビができるのも防げますから、段々とあなたの肌もキレイになってきますよ。

 天然クレイで余分な皮脂を取り除く

ルナメアACの洗顔料には、クレイ(泥)が配合されています。

クレイが肌の余分な皮脂を吸着するので、肌を刺激せずに、やさ~しく余計な皮脂を取り除いてくれます。

皮脂が余分にあるのと、余分にないのと。

どちらが毛穴に皮脂がたまりやすくなるかは、言うまでもないですよね。

皮脂が余分にあると、それが毛穴にたまりやすくなりますので、余分な皮脂を取り除くことは実は非常に大切なポイントなんです。
 

 毛穴に有効成分を届けるアクネシューター

ルナメアACの化粧水には、富士フイルムが独自に開発した「アクネシューター」という技術が使われています。

アクネシューターは、毛穴の脂に反応して、毛穴にニキビケア成分を届ける技術です。

アクネシューターで、

・潤い成分や炎症を予防する成分 = グリチルレチン酸ステアリル

・うるおい成分 = 天然ビタミンE、大豆リン脂質

などを届けることで、ニキビが炎症をおこすのを防いだり、うるおいによって皮脂の過剰分泌を防いだり、といったことが期待できます。
 

ルナメアACは、洗顔料、化粧水、ジェルクリームがセットになったお試しセットがあります。

お手頃価格で買えますので、まずは試してみて、ニキビの減り具合を確かめてみてください。

ルナメアACの公式サイトはこちらをクリック

runamea_ac
 
 
 

ちなみに、黒ニキビは、ブラックコメドとか開放面皰(かいほうめんぽう)とも言われます。

面皰(めんぽう)とはコメドの意味です。

コメドは、ニキビの初期段階(いわゆる白ニキビや黒ニキビ)のことを表します。

ニキビの初期段階は、毛穴に皮脂がつまって盛り上がったりはしているものの、まだ炎症を起こしていない状態のことです。

ニキビができるのは、毛穴の上部の毛漏斗部(もうろうとぶ)が厚く・硬くなることによって、毛穴が詰まりやすくなる要因が大きいです。

ニキビができやすい人は、毛漏斗部が厚く、硬くなりやすい肌質をしていると言えます。

不必要に毛漏斗部が硬化することを、角化異常(かくかいじょう)と呼びます。

つまり、ニキビができやすいかどうかは、肌が乾燥肌なのか、オイリー肌なのかといったこともありますが、毛の周囲の角質が、硬くなって詰まりやすいかどうかが、大きく関係しているわけです。

黒ニキビができやすい人は、やはり毛漏斗部が厚く、硬くなりやすい肌質をしていると考えられますので、肌にあったニキビケア製品が必要です。

他の人がドラッグストアなどに売っている安いニキビケア製品でニキビを予防できていたとしても、同じようにあなたがその製品を使っても、ニキビが防げるとは限りません。

その人は、そもそもニキビができづらい肌質(=角化異常が起きづらい肌質)をしている可能性があるからです。