白ニキビの治し方!潰すのではなく穴を開けて治すイメージで!

ここでは、白ニキビの治し方/潰し方について解説していきます。

ですが・・・

その前に、ぜひ白ニキビがどういう状態なのか知っておいてください。

その方が、白ニキビを治すのにも、今後ニキビ予防をするのに絶対に役立ちます!
 

白ニキビとは、そもそもどういう状態なの?

まず、ニキビができやすい人は、毛穴の内側の角質が厚くなりやすいです(角化異常)。

kakukaijou

毛穴の内側の角質が厚くなると、毛穴に皮脂がたまりやすくなります。

そして、毛穴の入口付近がつまって、皮脂がたまってくると白く見えてきます。

これが白ニキビですの。
 

■白ニキビができる過程

毛穴の内側の角質が厚くなる
 ↓↓↓
毛穴の入口付近がふさがる
 ↓↓↓
毛穴の内部にある皮脂腺から皮脂がでる
 ↓↓↓
入口付近がふさがっているので、だんだんと皮脂がたまってくる
 ↓↓↓
毛穴にたまった皮脂が白く見える
 ↓↓↓
これが白ニキビ

 
白ニキビは、毛穴の入口付近がふさがって、皮脂が毛穴にたまっている状態です。

sironikibi001

 
 
ですから、白ニキビを治すには、

入口に穴をあけて、中につまっている皮脂を取り除いてしまえばよい

ということになりますよね?
 
 
 

「白ニキビの入口に穴をあけて、中身を出す?

そんなこと、どうやってやるの?」
gimon_jose

と思われるかもしれませんが、ニキビ潰し用の針と、面皰圧子(めんぽうあっし)という器具を使うことで、入口に穴を開けることができます。
 

ちなみに、面皰(めんぽう)とは皮脂や角質が毛穴につまって、小さく盛り上がった状態のことで、白ニキビや黒ニキビも面皰の一種です。

 白ニキビ = 閉鎖面皰(へいさめんぽう)

 黒ニキビ = 開放面皰(かいほうめんぽう)

 

白ニキビの正しい治し方(潰し方)

では、面皰圧子を使った白ニキビの治し方(潰し方)です。

(※潰すというより、「押し出す」というイメージで行った方が、肌のダメージを避けやすいでしょう)

■白ニキビの芯を出すのに使う道具

 面皰圧子(アクネプッシャー)
 ニキビ潰し用の針
 消毒用エタノール
 軟膏(オロナインなど)
 

白ニキビの潰し方の手順1:肌と手を洗って清潔にする

白ニキビを潰す前に、ニキビができている部分の肌、手を洗って清潔にしておきます。

sengan_josei
 

手順2:面皰圧子を消毒する

消毒用アルコールや消毒用エタノールで面皰圧子と針を消毒します。

消毒用アルコールは、薬局など市販されています。

手順3:白ニキビの部分に針を刺し、皮脂を押し出す

白ニキビの頭の部分に針を刺して穴をあけます。

針を刺し過ぎないように、十分に注意しておこなってください。 

穴を開けたら、入口に穴が空きますから、面皰圧子を使って皮脂を押し出します。
 

手順4:出てきた皮脂のかたまりは、手で触らずにどける

出てきた皮脂のかたまりは、ピンセットなどを使って、手で触らずにどけましょう。
 

手順5:最後に軟膏を塗る

皮脂のかたまりを取り出した部分に炎症が起きるのを防ぐために、殺菌作用のある軟膏(オロナインなど)を塗っておきましょう。
 

注意事項

白ニキビは、黒ニキビと違って、毛穴の入口が閉じています。

ですので、穴をあけずに力づくで無理やり中身を出そうとすると、皮膚を傷つけてしまう恐れがあるのでご注意を!

無理やりピンセットなどで潰してしまう方もいるようですが、毛穴の入口がふさがっている白ニキビをピンセットで潰すと、肌の組織を破壊してしまう恐れがあります。
 

目立たない白ニキビを見つける方法

白ニキビは目立たないので、実はたくさんあるのに、どこにあるのかわからないことがあります。

例えば、頬に白ニキビがたくさんできて困っている場合。

こういう場合、ほほの皮膚を手でひっぱって伸ばしてみてください。

sikisochinchaku-_sawaru

そして伸ばした状態で、鏡で見てみましょう。

光の当てる角度も変えつつ、鏡でチェックしてみてください。

すると、小さな目立たない白ニキビがいっぱりあったりするのもわかりやすいですよ。
 

いっぱいある白ニキビのすべて芯を出すのは不可能

ニキビができやすい人だったら、「白ニキビは毎日できる」といっても言い過ぎではないでしょう。

ニキビができやすい人は、これは仕方がないことです。

毎日できる白ニキビ。しかも小さくて目立たないものもありますよね。

たくさんある白ニキビの芯を、全部手作業で1つ1つ取り出すのはかなり大変な作業です。
 

たくさんできる白ニキビに有効な対策方法

「白ニキビの芯を全部出すの厳しそう。じゃあどうすればいいの?」

!!

という話になるわけですが、そこで有効な方法がピーリングです。
 

日本皮膚科学会のガイドラインでも、白ニキビに標準治療の効果がみられないときには、ピーリングでの治療が推奨されています。

推奨されているピーリング剤は、グリコール酸、またはサリチル酸です。

 グリコール酸
 サリチル酸
 

なぜ、白ニキビにピーリングが有効なの?

サリチル酸やグリコール酸には、角質をやわらかくする作用があります。

角質が柔らかくなることによって、毛穴の詰まりがおきづらくなります(つまり、白ニキビができにくくなります)。

また、毛穴の入口付近が硬くつまりやすくなっているのも解消されやすくなります。

すると、毛穴にたまっていた皮脂も外に出やすくなります。
 

皮脂が毛穴につまって白く見えるのが白ニキビです。

皮脂が毛穴の外に出てくれれば、白ニキビも解消されるわけです。

ですので、白ニキビがたくさんできている場合は、ピーリング作用のある洗顔料を使って対策するのがよいです。

白ニキビができやすいなら、NOV(ノブ) ACアクティブを使ってみて

頬(ほほ)などに白ニキビができやすいなら、使って欲しいのがノブ ACアクティブの洗顔料です。

★ノブACアクティブのレビューはこちら↓

ノブACアクティブの効果は?良すぎてレギュラーサイズをガチ購入しちゃいましたw

なぜ、ノブACアクティブの洗顔料を使ってみて欲しいのか?

それは、NOV ACアクティブの洗顔料(ウォッシングフォーム)が、サリチル酸とグリコール酸を両方配合しており、マイルドピーリング作用があるからです。
 

ニキビ対策の洗顔料でも、サリチル酸を配合している洗顔料はわりとあります。

しかし、サリチル酸とグリコール酸の両方を配合したものは、あまりありません。

ノブ ACアクティブは、白ニキビがたくさんできている方におすすめです。

nov_acactive_trial_set

  
 

白ニキビは赤ニキビになりやすいので注意が必要

面皰には

 微小面皰
 開放面皰(黒ニキビ)
 閉鎖面皰(白ニキビ)

があります。

この中で、一番赤ニキビ(炎症したニキビ)になりやすいのは、白ニキビです。

赤ニキビというのは、誰もができてほしくないニキビですよね。

白ニキビは赤ニキビに発展しやすいコメドですので、赤ニキビを予防するには、白ニキビができないようにすることが重要です。

普段からピーリング効果のある洗顔料を使って、白ニキビがなるべくできないようにしていきましょう。